リフォームしてからマンションを売るのは損!?

「マンションを売却するとき、リフォームしてから売ったほういいの?」

「マンションはリフォームしてから売ったほうが高く早く売れる?」

マンションを売却するとき、お金をかけてキッチンやお風呂など総入れ替えしてきれいにしておけば、早く、しかも高額で売れるのではないかと思うかもしれません。

しかし、お金をかけて大規模なリフォームをしてから売ると、逆に売却に失敗して損してしまうかもしれないのです。

この記事では、マンション売却前にリフォームが必要ない理由、リフォームなしの中古マンションを早く売るためのノウハウをご紹介します。

リフォームしてからマンション売却すると損をする2つの理由

リフォームしてがっかりする主婦

中古マンションを売却するとき、リフォームしてから売る必要はありません。

それどころか、リフォームしてから売ることで、損してしまう可能性さえあるのです。

その理由を詳しく見ていきましょう。

  1. リフォームしてからマンション売却しても高額で売れるわけではない
  2. リノベーション希望者にリフォーム済みの中古マンションはいらない

1. リフォームしてからマンション売却しても高額で売れるわけではない

あなたがマンションを売却するとき、キッチンやお風呂、洗面台、トイレなどを全て入れ替え、壁紙を張替え、総額300万というお金をかけてリフォームをしたとします。

もちろんあなたは、リフォーム代300万円を上乗せした価格、または手間賃を入れて300万円+αを上乗せした価格でマンションを売ろうと考えますよね。

果たして、リフォーム代を上乗せした額でマンションは売れるのでしょうか?

中古マンションの価格は、マンションの築年数や駅からの距離などマンションの建物自体の価値や周辺の中古マンションの相場額で決まります。

部屋の内装がきれいで新しいかは、直接関係ありません。

とはいえ、マンションの売却価格の設定に特に決まりはないので、リフォームした分を上乗せしてマンションの売却価格を設定することは自由です。

なので、あなたが300万円かけてリフォームしたからと、2,300万円で中古マンションを売りに出すこともできます。

ですがあなたのマンションの周辺では、同じような条件の中古マンションが2,000万円で売りに出ているとしましょう。

中古マンションの購入を検討している人は、同じような条件のマンションなら、リフォームされていない2,000万円のマンションと、キレイにリフォームされているが300万円高い部屋ならどちらを選ぶでしょうか。

同じ300万円を出すのなら、他人が勝手に選んだキッチンよりも、300万円で自分好みのキッチンやお風呂にリフォームしたいと思いませんか?

中古マンションを買うなら、なるべく安い価格でマンションを買って、自分好みのリフォームにお金をかけた方がいいと考える人も多いのです。

結果として、リフォーム分を上乗せした売却額ではマンションは売れず、相場額まで値引きせざるを得なくなることに…。

つまり、あなたはリフォームにかけたお金まるまる損をすることになってしまうかもしれないのです。

2. リノベーション希望者にリフォーム済みの中古マンションはいらない

中古マンションの購入検討者の多くは、購入後に自分の好みに合わせてリフォームやリノベーションをしたいと考えています。

そういう人が重視するのは、マンションの内装ではなく、築年数、マンションの管理状態、日当たり、周辺環境など、まさに売却の相場額を決める要素のみと言っていいでしょう。

リノベーションを前提にマンション購入を考える人にとって、内装が古いかどうかは全く問題ではありません。

なぜなら、例えばフルリノベーションを考えている人なら、マンションの壁や天井、フローリングまで全て剥がして、完全に新しいものに入れ替えるからです。

どうせ取っ払ってしまうのですから、どれだけ汚れていようと、傷がついていようと、デザインが古くさかろうと、関係ありません。

そういう人は、リフォーム・リノベーションにお金をかけたいので、内装がどんなにボロボロでも構わないからできるだけ安くマンションを購入したいと思っています。

つまり、リフォーム済みのマンションというだけで、売却額にリフォーム分が上乗せされていると判断され、購入対象から外されてしまう可能性が高いのです。

せっかくリフォームしても、それが理由で購入対象から外されるなら、本末転倒ですよね。

リフォームしてから売るのではなく清潔にしてからマンションを売る

上記2つの理由から、中古マンションを売却する際にリフォームしてから売る必要はないと考えられます。

しかし、いくらリフォームは必要ないとはいえ、隅々まで掃除して清潔にしておくことは大切です。

設備が古かったり劣化していることと、不潔で汚いことは違います。

不潔な状態で売りに出すと、建物を大切にしていないという印象を与えてしまうことになり、売却に失敗してしまうことになるかもしれません。

掃除に加え、障子、網戸の張替えなど、お金をかけずに自分でできることはしておきましょう。

マンションが売れなければ不動産会社に相談の上、簡単なリフォームをする

思い込みでいろいろリフォームしてから売るよりも、まずはリフォームなしで売却してみましょう。

それで売れればラッキー、売れなければそのときに対策を考えればよいのです。

「自分でできることはしたけれど、なかなか売れない…」という場合、勝手にリフォームする前にまずは不動産会社に相談してみましょう。

不動産会社は売却のプロですから、直したほうがいい箇所があればアドバイスしてくれるはずです。

ただ、汚れているふすまや壁紙を張替える、ハウスクリーニングをするなど、数万円でできる簡単なリフォームにとどめておくようにしましょう。

リフォーム前提の人にも、リフォームなしでそのまま住もうと思っている人にも、リフォーム分が価格に上乗せされているかもしれないという不安を与えない程度にしておくことが大切です。

自分ではすごく気になっても、他の人から見ると全く気にならないということもあるので、簡単なリフォームをする際にも、不動産会社や友人など第三者の意見を聞いてから行うようにしましょう。

サザエ

マンションを売却するときは、リフォームしてから売る必要はないんですね。

花沢

そうなんです。
最近はリノベーション前提のお客様が増えているので、一切リフォームしていない手付かずの中古マンションの需要が増えているんですよ。

マスオ

リフォームしてないと売れないのかと思っていました…。

花沢

リフォームなしで住める中古マンションを探しているお客様にも、自分でリフォームしてから住むつもりのお客様にも、どちらにも安心して購入していただける状態にしておくのが、早く売れるコツです。
ほどよいリフォームと清潔感が大事なのです!

リフォームなしのマンションを早く売却するにはリノベーション会社も検討の価値あり

リフォームしていないマンションを早く売却するには、リフォームしていないマンションを探している人に出会うことが一番の近道と言えます。

リフォームしていないマンションの購入を検討している客と出会うにはどこに売却依頼すればよいのか?

不動産会社はもちろんですが、リノベーション会社に売却依頼することも検討してみてはいかがでしょうか?

最近、中古マンションを自分好みにリノベーションするというスタイルが増えており、それに伴ってリノベーションや大規模リフォームを専門に扱うリノベーション会社が増えています。

リノベーション会社を探すサイトも存在するほどです。

リノベーション会社とは

多くのリノベーション会社では、中古物件の仲介からリノベーションの提案、施工までリノベーションに関する全てのサービスを提供しています。

つまり、リノベーション会社は不動産会社+工務店の性格を持っている会社ということです。

不動産会社の中にも自社でリフォーム部門を持っている会社もありますが、リノベーション会社との大きな違いは、その客層です。

不動産会社の客層は、単純に物件の購入を検討している人(新築、中古問わず)で、中古マンションを探している人でも物件をリノベーションやリフォームするかしないかはわかりません。

それに対して、リノベーション会社がターゲットにしている客層、つまりリノベーション会社に来るのは、中古物件を購入し、自分の好みにリノベーションしたいと考えている人です。

そういう意味で、リノベーション会社のほうがリフォームなしマンションへの需要が高いと言えます。

なので、リノベーション会社に中古マンションの売却を依頼するというのも、全くリフォームなしで売りたいというのなら早期売却のための1つの手かもしれません。

ただ、最初からリノベーション会社1社のみと専任媒介契約を結んでしまうと物件の囲い込みが起こりやすいという面もあるので、媒介契約の選び方には注意したほうがよいでしょう。

媒介契約についての詳細は以下の記事を参考にしてください。

マンション売却するときの媒介契約の違いと選び方

お急ぎならリフォームしてから物件を売る不動産会社に買い取ってもらう

転勤などで売却にかけられる期間が決まっているなどの理由で、早く売ってしまいたいという人は、不動産会社による買い取りを検討してみましょう。

不動産会社による買い取りでは、不動産会社が購入希望の客に仲介するという形ではなく、不動産会社が直接買い取り、リフォームやリノベーションをしてから販売します。

そのため、売り主にとっては早期売却ができスケジュールが立てやすいというメリットがあります。

一方、仲介による売却より売却価格が低くなるというデメリットもあるため、できるだけ高く売りたいという人には不向きです。

早く売りたい、どうしてもすぐにお金が必要という場合には、買い取りを検討するとよいでしょう。

買い取りのメリット
  • 仲介手数料がかからない
  • 売り主が今後のスケジュールを立てやすい
  • 瑕疵担保責任がない
買い取りのデメリット
市場価格よりも売却価格が安い

買い取り依頼はどこの不動産会社に依頼するのがいいか、わからないですよね。

そんなときは、一括査定サイトがおすすめです。

HOME4Uイエウールなどの一括査定サイトでは、厳選された信頼できる不動産会社のみを集めているので、安心して査定依頼ができます。

さらに、一度に数社に依頼できるため、一社ずつ別々に連絡を取るという手間が省けてとても便利です。

リフォームしてからではなくリフォームする前にマンション売却をしましょう

マンション売却の際、お金をかけてリフォームしてから売る必要はありません。

大切なのは、リフォーム前提で物件を探している人にも、リフォームなしで住もうと考えている人にも、よい印象を持ってもらうこと。

つまり、不快感を与えない程度に清潔、キレイに整えておくことが大切なのです。

不動産を売却するにあたって必ずチェックしたい一括査定サービス

今は、一社ずつ不動産会社を自分で探して比較するといった面倒なことをする必要もありません。

インターネット上であなたが売りたい、あるいはどれくらいの価値があるのか知りたいと思っている不動産情報と個人情報を入力するだけで、一度に査定依頼が行えます。

今、多くの一括査定サービスがありますが、信頼できる2社をご紹介します!

HOME4U
不動産一括査定サービスの中では一番歴史が古い。NTTグループというネームバリューと提携不動産会社が大手のみなので安心!
HOME4Uを詳しく見る

イエウール
提携不動産会社が大手・中堅から地域密着の地元不動産会社にも幅広く相談できるのがポイント!
イエウールを詳しく見る