なるほど!不動産売却

家の売却やマンションの売却、空き家の処理で悩んでいませんか?なるほど不動産売却では、居住用物件から商業用物件に至るまであらゆる不動産売却の悩みを解決する情報をご紹介します。

「マンション売却」の記事一覧

マンション売却の決済日にすること

マンション売却の決済日は何をするの?決済から引き渡しまでの流れとお金の動きを解説

マンション売却の最後のステップ、決済日について詳しく解説します。はじめてマンション売却をする方は決済日に何が行われて、どういった流れで引き渡しがされるのかわからないですよね。基本的には不動産会社の担当者や司法書士、担当の銀行員が進めてくれますが、決済日当日に必要なものや引き渡しにかかる時間、そしてお金の動きなどを事前に確認しておくと、よりズムーズに決済が完了しますよ。
マンション売却の売買契約後から決済・引渡日までに売り主がやるべき6つのこと

マンション売却の売買契約後から決済・引渡日までに売り主がやるべき6つのこと

マンション売却の売買契約後、売り主がやるべきことは何?銀行への連絡はいつするの?この記事では、マンション売買契約後から決済までの流れと、決済までに売り主がやるべきことをわかりやすく解説しています。住宅ローンを借りている銀行へはすぐに連絡をし、司法書士に決済日の手続依頼をします。そして決済に必要な書類やお金の準備も抜かりなく。マンションを引き渡す前に管理組合への連絡と部屋の最終確認も行わなければなりません。また、マンションを引き渡す前に契約解除の可能性もあるので、売買契約後も決済までは気を抜かないこと。それも含めて余裕を持って準備を進めましょう。
マンション売買契約の解除

マンション売却の売買契約を解除するとどうなるの?売買契約のキャンセルと違約金について

マンション売却の売買契約を何らかの理由でキャンセルしたり、されたりする場合、「手付解除」「契約違反により解除」「合意により解除」「住宅ローン特約により解除」「買い換え特約により解除」の5つのパターンがあります。契約解除を申し出る時期が手付解除ができる期限内であれば違約金は発生しませんが、相手方が契約の履行に着手していた場合、契約違反により違約金を支払っての売買契約解除となります。ほかにも売買契約が解除になったときの仲介手数料、ローン特約や買い換え特約によるマンションの売買契約解除などの費用がかかることもあるのです。今回はマンション売却の売買契約の解除についてわかりやすく紹介します。
マンション売却の売買契約書で確認するべき12項目とトラブル回避のために明記すること2つ

マンション売却の売買契約書でチェックするべき12項目とトラブル回避のための注意点

マンション売却の際に交わす売買契約書は難しい専門用語が使われているため理解できないという人に、マンション売却時の契約書に書かれている内容、注意点をわかりやすく解説します。不動産屋に任せっきりにせず、自分でかならずチェックしましょう。瑕疵担保責任や危険負担、手付解除など、トラブルになりやすい内容とトラブルを避けるためにマンション売却の売買契約書に明記すべきことは何かについて解説。また、2020年の民法改正でマンション売却時の売買契約書がどう変わるのか、マンションの売り主がどう対応すべきかについても紹介します。
マンション売却・売買契約日当日の流れと契約日までに準備しておくもの

マンション売却・売買契約日当日の流れと契約日までに準備しておくもの

売却に出していたマンションの買い手が見つかり、いよいよあなたは売り主として売買契約日を迎えます。売買契約がスムーズに進むよう、売買契約当日の流れを頭にいれておき、前もって売買契約に必要な書類やお金を準備をしておく、重要事項説明書の内容を確認しておくことが大切です。この記事では、マンション売却が決まってから売買契約日までに準備しておく書類、必要なお金など、売り主としてマンションの売買契約日までに済ませておくべき準備、マンションの売買契約日当日の流れをご紹介しています。
マンションを売却するか賃貸に出すか

マンションを売却するか賃貸に出すか賢い選択はどっち?売却と賃貸の収支を比較

転勤や住み替えなどでご自身のマンションを離れなければならないとき、マンションを売却するか賃貸に出すか悩むところですね。しかし、マンションを安易に賃貸に出すと損をすることになってしまいます。この記事では、賃貸に出すことのメリット・デメリット、マンション売却と賃貸の収支計算から、マンションを売却と賃貸どちらが得なのかを検証しています。また、転勤などで賃貸に出したい人のために、マンションを賃貸に出してもよい条件、転勤で賃貸に出す際に便利なリロケーションサービスについても紹介しています。
マンション売却の必要書類

マンション売却に必要な書類をチェック!いつどんな書類が必要かを売却の流れに沿って解説

マンション売却を決めたら、早めに必要な書類を準備することが大切です。マンション売却に必要な書類は、マンション購入時の書類一式のほかに、印鑑証明や登記事項証明書、固定資産公課証明書など、区役所や法務局で発行してもらうものがあります。早めに準備することで、買主の知りたい情報を与えることができ、スムーズに売却契約~決済の手続きを行うことができます。この記事では、マンション売却の流れに沿って、マンション売却ではいつどんな書類が必要か、書類の申請先など丁寧に解説しています。マンション売却に必要な書類のチェックリスト付き!
リフォームしてからマンションを売るのは損!?

リフォームしてからマンションを売るのは損!?売却前にリフォームが必要ない2つの理由

マンションはリフォームしてから売却したほうが早く高く売れると思っていませんか?しかし、実際にはマンション売却前にリフォームは必要ありません。よかれと思って売却前にお金をかけてリフォームしても、結果リフォーム費用分損してしまうことになるかもしれないのです。この記事では、中古マンション売却の際にリフォームが必要ない理由、リフォームなどの費用をかけずにできること、早く売るためにリフォーム以外で検討するべきことは何かをご紹介します。

住みながらでもマンション売却は可能!居住中のマンションを売るための7つのポイント

住み替えなどでマンションを売却する場合、仮住まいが必要ないことや引っ越しが1回で済むというメリットから、住みながらマンションを売るのが理想的です。また、住みながらのマンション売却は、買う側にも大きなメリットがあります。それは、内覧時にマンションの雰囲気や隣人の情報など、住んでいる人にしかわからない話を聞けるということです。ただ、内覧時に良いイメージを与えることができなければ、居住中のマンション売却は空き家よりも不利になり、売却に失敗してしまうことになります。居住中のマンション売却では、ポイントを押さえた内覧準備が大切です。この記事では、住みながらのマンション売却を成功させるためのポイントを紹介しています。

離婚するときに住宅ローンの残債があるマンションは売却するべき!その理由とは

離婚するなら、住宅ローンが残っているマンションは売却したほうがよいでしょう。売却せずにどちらかが住み続けると、将来もし住宅ローンを支払えなくなったとき、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。夫婦でのペアローンや共有名義の場合は、お互いが連帯保証人や連帯債務者になっているため、さらに注意が必要です。離婚時に残債のあるマンションを売却するには任意売却という方法があります。残債のないマンションに住み続けるなら、名義変更に注意!この記事では、離婚時にマンションをどうするべきか、さまざまなトラブルの例を挙げてご紹介しています。